心に響く日記

自分自身の経験を積み重ねる事で色々と見えて来る事も多いのですが、他の方の言葉によって気がついたり教えられる事もまた多いです。
たまに読んでいるBlogで漫画家・山本貴嗣さんの「あつじ屋日記」
その中の「人への苦言は…」は、同意出来る所がとても多く、また広く読んで頂ければと思いリンク致しました。

この日の日記の何が共感出来るって、若い時の自分の経験から得た事が糧になって今の考え方に結びついているということ。
失敗や過ちが尊い物だと言うのを自らの体験を通して言葉にされている。だからその言葉ひとつひとつに重みがあるのだと感じます。(でも高飛車で説教クサいとか、一方的に押し付けがましかったりとかせず、エンターティメント性があるのはさすが!と思います)

恥ずかしながら、私も若かりし時は「人は本当のことはなんであろうと受け入れるべきである」という信念でしたし、若さ故なのか周りもそういう友人が多かったです。熱意もあるし勢いもあるから、周りをみずに突き進んできました。
本当の信念というのはそういうものじゃないんですが。
そうして他人を責めると同時に、自分も責めてしまうという悪循環な結果ばかりになり、ようやくここ数年でそういう考え方から脱却して今に至ります。
そうなると人間関係もがらっと変わって、批判ばかりする人とは疎遠になり、寛容で穏やかな人が周囲には多くなりました。

そういえば、自分自身を見直してみれば失敗や過ちも色々と味わって来た、その経験だけは半端じゃなく積んでいるよねぇ‥‥‥って感じるのです。もちろん、なるべくそれを生かす形をとりたいと何に対しても思うようにして、行動しています。

今は特にネット世界で匿名でも実名でも他人のやってることを批判した者勝ちな風潮が強く、それによって失敗を恐れたり思った結果が出せない事は良く無い事だと思わせられたりで、生きにくいなと感じる事も多いですが、真摯に自分の道を作って行く事が一番大切だなと感じる事が多いです。

しいて言えば世の中に「これは失敗だ」と断定されるものはなく、本当の所は受け止め方次第だし、第一失敗や過ちのない人生なんてものを通過してる人はいない筈。(自分は失敗はしたことない、過った事はやってないと思い込む事は出来ますが)
私が尊敬するダラィ・ラマやマザー・テレサもたくさんの経験を積まれています。
犯罪がらみのこととなると単なる失敗では済まされませんが、人間は過ちを犯す生き物だと自覚する事でまた謙虚になれるとも思います。

自分は特定の宗教はやっていませんが(なり行き上、どうしても葬式やらは浄土真宗ですが)物事の真理というか宇宙原理というのはここ数年で気づかされてきて、それが自分の人生へ強く影響を与えています。
山本貴嗣さんの書かれている「色々なことに気づくにふさわしい時期」というのは2005年あたりからその予兆はありましたが、やっぱり2006年3月5日のロック(95%wolfdog)の死の後からでしょうか。
ロックは命を賭けて私の人生を変えてくれたのだと痛感します。

物事の受け止め方は変化があったとはいえ、聖人君子ではありませんのでどんな事に対しても受け入れたり同意する事はしません。もちろん我慢はしますが、人付き合いに置いては、むしろ嫌な場合は回避する事を心がけています。
前は他人への忠告もしてきましたが、たとえそこに相手への思いやりがあったとしても、自分の考え方を押し付けているに過ぎず、相手がそれを望んでいないのならば忠告は無用だと今は感じます。言っても判らない人に理解してもらおうなんてやっぱりそれは傲慢で単なる自己満足にしかならないと思うのです。
ただし、理不尽な目に遭えば自分の考えは相手にしっかりと伝えるようにはします。

相変わらず怒る事もあれば、愚痴る事もありますが‥‥出来るだけ他人を責めず、自分を責めずで人生を楽しく充実して生きられるように少しでも努力しなきゃと改めて感じました。
スポンサーサイト

挑戦!な、いぬごはん

ここ数日、天気が不安定で雷が多くなかなかPCを開けませんでした。
おまけにまたしても岩手宮城地震の余震が~。
縦揺れでドン!と来るのでビクビクしています。

下書きのままで更新出来なかったので、ちょっと前の話になりますが、遂に生のgreen tripeを購入しました。
080711_174603.jpg
(右がgreen tripe。その他に砂肝と茹でたインゲンをフードと混ぜます)

知らない方もいると思いますが、green tripeとは反芻動物の第四胃をいいます。
海外ではこれが犬用に冷凍されて販売していて、生のまま与えます。これが犬達の大好物!な上に胃の内容物も一緒なので消化酵素や消化液そのほか犬にとって良い物がたくさん入っています。しかし、そのニオイは猛烈で牛小屋のニオイと良く言われるそうです。
それでも海外のブリーダーが上げたがるのは、胃腸の弱い犬が丈夫になったとか、毛艶が良くなったとか色々と健康面でも効果があるからだとか。
たしかに肉食獣はまず、獲物をしとめたら内臓から食べますよね。

日本ではトライプ缶詰が数種販売されていて、それも栄養価的にとてもすぐれていますが、本来の効果を期待するなら生であげないと意味が無いそうです。
そうはいってもなかなか、手に入りません。特に牛に関しては狂牛病以来、屠畜や内臓の出荷に関してはかなり厳しいです。色々な所に問い合わせましたが、輸入はフリーズドライでもgreen tripeの入荷に関しては引っかかるのでダメだそうです。
で、国内でアレコレ手を尽くしてなんとか羊のgreen tripeだったら手に入るという事で無事に購入。海外のもののように内容物が全て入ってるのは無理だそうですが、それでも洗浄はざっとしてあるだけなので、素敵にアヤシイ(笑)グレーがかった緑です。

冷凍品で500gずつパッキングしてもらったものを購入したので、早速開けて一袋解凍。
‥‥‥なんか、解凍が進むとなんとなくにおう‥‥‥。
そこでさすがに台所で開けるのは気が引けたので、外で開封。
む~~やっぱりクサイ!!!
しかし、我が家の犬達はそのニオイに吠えまくって大喜び。
他の食材とよく混ぜて、全員に上げましたが、その食べるスピードと言ったら‥‥‥。
あっという間に食器が綺麗になめまわされてピカピカ。
狼犬達だけじゃなく他の犬達も夢中。翌日のうんPもなかなか快調です。

実際の所、green tripeの効き目というか効能?は一回ではよくわかりません。
でも、WAN達が幸せそうに舌なめずりして喜んでる顔を見ると、親馬鹿だとは思いつつやっぱり美味しくていいものを上げたくなります。
んで、その後はなんとなく犬達のうんPの調子がいいんですよね。
せっかく手に入った事だし、しばらく何度かやってみたいなと思います。

ムギ&ごま 一歳になりました

去年産まれたムギ&ごまと、同胎の合計7頭の子達がめでたく一歳を迎えました。
産まれた時は見た目コリーの子犬そのまんま、Low%で色合いからも狼犬のイメージとは違っています。
今だから言えますが、産まれてすぐに問い合わせが来た方でも、環境やその他色々考えて譲渡をお断りした場合もありました。作出した私自身も成長に伴ってなかなかオーナーさんが決まらず気持ち的にすごく苦しい時期もありましたが、じっくりと構えていたら良いオーナーさんと巡り会う事が出来ました。
結果的に生後3ヶ月~生後8ヶ月というかなり大きくなった状態での引き渡されて、それぞれ、家族の一員として皆、とても可愛がられ本当に良かったです。
誕生日プレゼント、もう少しお待ち下さいね~。

改めて2007年の星を見たら「逃げないで努力することでつかむものが出て来て、そうしてさまざまな意味で脱皮する年」だと出ていました。
まさしく‥‥ドンピシャ当てはまっています。

ティグリス、病院へ

五月に9歳になったティグリスですが、六月に入ってすぐに体調を崩してしばらく通院していました。
その時期は忙しさもあってドッグフード中心で気持ちだけトッピングと言う食事を与え、色んなものを上げていたというよりはあまり変化の無い食事内容でした。
体調不良の原因がどうも五月から与えていた某大手メーカーフードにあるのでは?と思ってそれを止め、(他の犬達も軟便を起こしたり湿疹ができたりしていました)改めて食事の見直しを計りました。別のフードに切り変え、プラス生食も取り入れて平行してビオフェルミンなどを与えてました。
幸い、某大手メーカーフードを止めてから若い犬達の湿疹や軟便は無くなりましたが、ティグに関しては、前よりはいくらかいい状態にはなったものの、スッキリと治った訳ではなく、一進一退を繰り返すばかり。
いいウンチをしたなと思ったら、翌日にひどい下痢を起こしてみたり。あるいは最初はいいウンチしてもその後、切れの悪い軟便を大量にしたり。
その時期というのは秋田も高温多湿で犬達も人間も体調を崩しがちでした。
ティグ本人は元気で食欲もあるのですが、消化吸収がうまく行われてないようでなんだか痩せてきています。
色々原因などを考えていたのですが、同胎の子が去年リンパ腫で亡くなってるのでもしかして同じ病気では?同じじゃなくても他のガンとか肝機能、腎機能不全じゃないの?とかどんどん悪い方に想像が行ってしまいます。
ブリーダーをやっていてある程度の知識はあると言っても、やっぱりちゃんと調べないとハッキリした事は判りません。単なる夏バテかもしれないけど、でも‥‥と考えるだけでもう辛くて泣けてきます。
幸い3連休は何も予定を入れてなかったのですが、日曜日は病院も休みだったから連休明けになってしまう‥‥と思ってましたが、念の為に電話をしてみました。そうしたら診察時間は短いけどやってますよと言う事で慌ててティグを連れて病院へ。
空いていたのですぐに診察。
続きを読む

暑いですね

秋田も今日でようやく梅雨が明けましたが、まだまだ蒸し暑くて犬達は気の毒です。
年令のいってるティグリスとエスカはクーラーの利いた室内ですごしていますが、その他の犬達は犬舎&運動場なので色々と暑さ対策をしています。
簡単だけど、四肢を冷たい水で冷やすのが結構効果的です。

あと、犬ごはんのフードの切り替え完了しましたが、新しいフードはウンPの量も少なく状態もとてもいいです。それに色々と混ぜて上げますが、最近はきゅうりがたくさん採れるので、フードプロセッサーで細かくして上げます。今日はそれにサケの中骨缶+消化酵素サプリを混ぜました。肉付きも良くて今の所健康的に維持出来てるみたいです。

ただ、ティグリスの体調は一進一退という感じです。
年令や暑さのせいもあるかもしれませんが、ちょっと心配なので来週にも医者に連れて行きます。本人はとても食欲があって元気なんですけどね。

ここから下は犬と関係ないスピリチュアルな雑談です。
続きを読む

今日は砂肝粥

今日は砂肝を買って来ました。
夏場という事で生ではなく、さっとボイルして粥にしたごはんと混ぜてから、更にフードと混ぜました。
この暑さで9歳になるティグリスがちょっとばて気味。
なので、フードを上げずに粥と叩いた鶏肉を炊いたものを上げます。
犬は元々は肉食動物ですが、人間の残り物をもらっていた歴史が長いので、炭水化物はやっぱりある程度上げた方が良いように感じます。
極北でソリを引いている犬達は生肉や生魚などが主食なのでこれには当てはまらないと思いますが‥‥‥。
人のご飯を用意しながら犬ご飯を作るのは結構楽しいです。

最近の犬ごはん

うちのようにブリーダーである程度の多頭飼育だとごはん内容が結構悩みどころです。
何よりもオール手作りにすると半端じゃない経費がかかります。
それでもなるべくいいものを上げたいし、オール手作りはとても無理だけど、出来るだけ犬には健康で長生きして欲しいと思う。
と、言う訳で今現在はフードを使った半手作り食。週一回、ドッグフードを上げないで完全手作りと言うメニューにしています。
でも、ベースになるドッグフードはある程度よい物を選ばないといけませんね
前に某大手メーカーのフードを使用したら、皮膚湿疹を起こしたので慌てて切り変えました。
そういえばここのフードはブリーダーでもよく使ってるけど、合わない犬は皮膚トラブルを起こすともっぱらの噂。うんPも脂っこくて悪臭がして量も多い‥‥。
あまりにも高いフードも長期で上げるのは大変なので、そこそこ良いフードを年齢に応じて数種混ぜています。

で、手作りについて。前はうちもフードオンリーだった時期もありました。
メーカーから「フードと水以外は絶対に上げないでください。栄養バランスが崩れます」と念押しされたのもあったんですが‥‥‥もちろん今はこういうのは信じてません
バランスがキッチリ取れた食事なんて人間でもそうそうは出来ないし、それってある意味不自然だと感じます。
それに、毎回バランスのとれた完璧な食事をあげなきゃとなると、飼い主の精神的な負担も結構大きい。そうなると私のようなズボラには面倒なので長続きしない
適度に手抜きが出来て、お財布にも優しく、それでいて楽しく作れればズボラでも長続き出来ます


*ある日のメニュー
ドッグフード二種 ゆで卵 ごはん きゅうり(生をフードプロセッサー) さやいんげん(ボイル) ささみ(ボイル) こんぶ&しいたけ&かつおぶし&にぼし(乾燥して粉末にしたもの) 鮭水煮缶(人間用のものを汁は捨てて使用)

これにサプリメント数種。
フードと混ぜ物の割合は7:3もしくは8:2。


奇跡の母子犬

以前、テレビ「ぽちたま」でも紹介されていた、宮崎県中央動物保護管理所に収容された母子犬をめぐる感動の20日間の記録です。
テレビでたまたま観た時には涙が溢れて仕方ありませんでした。何よりもここで働く職員さんの視点で語られているのが嬉しかったです。
詳しい経過などは実際に保護活動をされている方(この本の執筆者の方です)のブログ「動物たちの未来のために」を読んで頂ければと思います。
出版を知らなかったので早速注文しました。



明日は上半期最後の「命の教室」です。
自分がこの活動に関わりながら、毎回とても考えさせられる事が多いです。
犬達の事もあるけど、飼い主さんの為にも自分は何が出来るのか?
犬達から学び、自分自身も日々勉強だと痛感しています。

犬ごはんの影響

今現在、色々と試行錯誤を重ねて来てようやくご飯の内容が落ち着いてきました。
ウンチの状態も良く、消化不良による下痢も起こしません。
ロックがいた時から、犬ごはんの内容には頭を悩ませて来て「やっぱり肉オンリーじゃないとダメなのかな」「ごはんや野菜を上げないで高タンパクフードにした方が良かったのかな」などと迷いもありましたが、さまざまなフードや素材を試して、また犬を飼ってる人同士の情報交換でいい感じになって来ました。
運動量の多さからか、痩せ気味だったQ太郎も今はとても筋肉質になっています。
あとは毛艶とか毛の色にも変化が!
黒毛がまるでバターでも塗ったように(笑)ピカピカになりました。でも脂っぽい訳でもありません。
体臭や口臭も少なくなって、シニアのティグは耳の所がかさぶたみたいなのが出来て(病院で調べたけど皮膚病ではなく原因不明)いたんですが、それもいつの間にか治っていたし。
食事ってすごく大切だなぁと感じます。
フードの選び方や食事内容などはまた後日…。

大阪でブルーマールのシェルティが行方不明です

友人のともちゃん☆彡の自宅から雷に驚いてシェルティが行方不明になっています。
詳細はこちらのすかいうぉ~か~Blogで。

3.jpg

2.jpg

名前:リア
年齢:1才
性別:牝
毛色:白地に黒の斑点でグレーの少ない派手なブルーマール
特徴:左目が青い
5月14日 大阪府寝屋川市より行方不明
上記の写真より 現在は毛が伸びています。


どうか無事に一刻も早く見つかりますように‥‥‥。
         
プロフィール

HERO

Author:HERO
狼犬のブリーダー15年やってきましたが看板下ろして、これからは愛犬とののんびり生活に入ります。
2001年にHigh%の狼犬ロックを迎えてからこの犬にはまり、躾やトレーニング、繁殖、保護など様々に関わって来ました。
今現在は四頭の狼犬と一頭のチワワで豪雪地帯の秋田県でのんびり楽しみながら生活中。
出来る範囲で犬の愛護保護にも関わってます。命の教室に狼犬と共にボランティア参加。
今は狼犬の飼育体験を元にした同人誌を発行。アリスブックスとコミックZINにて通販中。
首都圏を中心にコミケや生き物系イベントにも参加しています。
動物取扱業/秋田県 販売 動15-25

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる