北海道での狼犬の事故に関しまして

大変、痛ましく残念な事故が起きてしまいました。
まずはこの事故で亡くなられたブリーダーの方に心よりのご冥福をお祈りするとともに、親族および、関係者の方々に、お悔やみを申し上げます。

私は飼い主の方に7年前に一頭狼犬を譲渡していますが、数年前からはやりとりを全く行っていないので、どのような飼育方法や訓練を行って来たのかを知りません。事故についてもその時に現地に居た訳ではないので詳細などはニュースで知ったもののみとなります。

未だ事件については警察側の正式な発表はされていません。 当事者ではないので発表がない限り、この件についての発言は控えさせて頂きます。
また個人的にメールやイベントで問い合わせ頂いても一切お答え致しませんし、事件の全容が解明されるまではコメントはいたしません。

また事故を起こしたのが狼犬という事でネットでは狼犬とその飼育者に対しての不当な犬種差別やバッシングが起きています。実際に狼犬を飼育した事無い、ネットでの偏った情報のみでまるで狼犬を知ってるような口ぶりの実物を知らぬ者の批判には説得力など全くありませんし、このような意見を鵜呑みにするのは大変に愚かしい行為です。

ただ事件には関係無いオーナーさん達が狼犬を飼育しているだけで世間から批判されている事でどんなにか心を痛めているかと思います。
一日も早く狼犬へのヘイトスピーチが沈静化することを願うと共に、事故の詳細が判明して今後同じ事を繰り返さないように考えて行く事が大切だと感じています。



スポンサーサイト